恐る恐る開封したそのメールなんですが、自分がアプローチのメールを出した相手からのものだったのです。
ミユさんと言う女性は困っている様子のメールを書いてきてくれました。
「メッセージくれてありがとう!今夜なんだけど宿泊させて貰うことはできる?ちょっと分けがあって自宅に帰れなくて困ってます。
よろしく!」
これって正しく神待ちの女性じゃないのか、人目もはばからず軽いガッツポーズ状態でした。
もちろんすぐ返信をしてきましたよ。
「こんにちはミユさん、一人暮らしだから宿泊させることは出来ますよ。
良かったら今夜泊まりに来てくれませんか?」
「ありがとう、今◯◯駅前にいるんだけど、迎えに来れる?」
◯◯駅ってここから15分程度バスで移動したところだったんです。
「15分ぐらいで、そこにつきますから待っててね」
彼女にメッセージを送った後すぐにやってきたバスに飛び乗って、彼女がいるという駅前まで移動していきました。
ミユさんという人妻、一体どんな女性なんだろうと想像しながら、かなりのドキドキ感を覚えてしまいました。
バスが到着してすぐにメール送信。
「今着きました、何処ですか?」
「今マックの窓際にいる」

早速マクドナルドを見つけて、店内を見回していくと僕の方を見ている、なかなか綺麗な顔立ちの女性がいました。
「ミユさん?」
「うん、来てくれたんだ、ほんと助かった」
僕も食べるものを注文してから彼女の席に着き、彼女と話をしていきました。
「旦那と喧嘩しちゃって、今家出してきたところなんだ。
今夜行くところなくて困ってたの、ほんとに良かったよ」
やっぱり神待ちの女性だったのです。
しかも顔立ちは綺麗だし、スレンダーな肉体の持ち主で素晴らしい人妻だったのですからね。
今夜一緒アパートで過ごすのかって思うだけでも、股間がウズウズしちゃったんですよ。

 

泊めたい女の子を掲示板で検索してみよう!
神待ちサイトランキング
おすすめ定番サイト登録無料